このブログ「クラシックロール」のコンセプト

はじめましてクラシックロールのロールちゃんです。
普段からロールちゃんと呼ばれていますので、みなさんお気軽にロールちゃんって呼んでいただけたら嬉しいです。

私、ロールちゃんが「クラシック音楽」というものを好きになってから10年近くが経ちますが、いまだにクラシック音楽に対する私の興味は尽きることなく、聴くたびに新しい発見と感動をもたらしてくれます。

クラシック音楽との出会いは、本当にラッキーなことで、もう、私にとっては欠かすことのできない「人生の友」といってもいいくらいです。

スポンサーリンク

◯このブログのコンセプト

そんな「クラシック音楽」ですが、興味や関係の薄い一般の人々は、この音楽をどう思っているのでしょうか?

「どんな曲があるのか知らない」「同じ曲をいろんな演奏家や指揮者が演奏していて、どのCDを買えばいいのかわからない」といった感想から始まり、「長いし抽象的で、なにを言おうとしているのかわからない」「急に盛り上がったり静かになったりしてつかみどころがない」はては「なんとなく『お高く、きどっている』感じがしてイヤだ」という感情的なものまで・・・

なんだか、もう入り口の段階で拒絶されている感じもありますね(笑)

わかります。ロールちゃんもそうでした。
アンチクラシック音楽て感じでしたから。

でも、こんなに素晴らしいものを知らずにいるなんて、もったいない!

もしかすると私みたいな音楽の知識ゼロの「ズブの素人」だからこそお伝えできることがあるのかも!

なんて、わけのわからない使命感(笑)に燃えたロールちゃんが、クラシック音楽に対する世間の思い込みや偏見を解きほぐし、たくさんの人たちに「クラシック音楽」を身近に感じてもらい、できれば好きになってもらい、(ロールちゃんのことも含めて←ここ大事!笑)「人生の友」としていただければという願いを込めて書いたのが、このブログです。

難しい音楽用語はほとんど出てきませんので、全くの初心者の方でも心配ありません。

取り上げた曲は、私が今まで聴いてきたことのあるものを中心に選んでいるので、偏りがあるかもしれませんがその点は許してください。

それから、曲が作られた背景にできる限り触れることで曲をより楽しく聴くことができるように配慮しています。

このブログに出てくる感想や選んだCDは、完全にロールちゃんの独断と偏見によるものですので、このブログを読んで気分を害することがあれば何卒お許しください。

みなさんが「食わず嫌い」している「クラシック音楽」。

でも、数百年もの間、多くの人たちが愛好していることを考えれば、その中には素晴らしい「なにか」があるに違いありません!

ひとたびその魅力にハマれば、一生抜けられなくなるかもしれませんよ♪

それでは、どうぞお付き合いください♪

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました♪
記事更新の励みになりますのでよろしければポチッとお願いします♡

↓↓↓

にほんブログ村 クラシックブログへ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする