爽やかそのもの!ハイドン「チェロ協奏曲」を聴いた感想

ハイドンの「チェロ協奏曲第1番」は、その存在は知られていたのですが、長らく、肝心の楽譜が発見されないまま時が過ぎ、その楽譜が発見されたのは1961年だったというから驚きです。

作曲されたのは,1765~67年頃で,ハイドンが楽長を務めていたエステルハージ家の宮廷楽団のチェロ奏者のために書かれています。第2番よりはバロック音楽の痕跡を残していますが、チェロが開放的で明るく鳴り響きチェロのレパートリーとして定着しています。

3楽章を中心とした,技巧的な華やかさも聞きものです。
曲全体もそうなのですが、とりわけ独奏のチェロが実に深みがあって聴き応え十分の曲です

スポンサーリンク

1 曲の構成

・第1楽章 モデラート

協奏風ソナタ形式の楽章ですが,ソロとトウッティを鋭く対比させており、バロック時代のリトルネロ形式の痕跡が残っています。

まず,オーケストラのトゥッティで元気の良い第1主題が演奏されます。
第2主題は第1ヴァイオリンを中心とした緩やかに下降していくものです。再度,トゥッティで小結尾のメロディが演奏されて,オーケストラの呈示部が終わります。

続いて,独奏呈示部になり独奏チェロが活躍します。
展開部では,まず属調で両主題と小結尾のメロディが演奏されます。

続いて独奏チェロが技巧的に呈示部の素材を発展させていきます。
再現部も独奏チェロ中心に進行します。
カデンツァの後,トゥッティによる華やかなコーダで結ばれます。

・第2楽章 アダージョ

3部形式。独奏チェロと弦楽器のみによる静謐で叙情的な楽章です。まず,弦楽合奏で2つの主題が呈示されます。この旋律を独奏チェロが拡大していきます。中間部では短調になり,翳りを見せます。

同時に独奏チェロの技巧の見せ場を作ります。
最初の部分が再現された後、作曲者自身による短いカデンツァが演奏され、楽章が結ばれます。

・第3楽章 アレグロ・モルト

第1楽章と同様,バロック音楽の痕跡を残します。
協奏風ソナタ形式で書かれています。

歯切れの良いリズムに乗った第1主題と素材的には第1主題と関連のある第2主題がオーケストラで演奏された後、独奏チェロと弦楽器を中心とした独奏呈示部が続きます。

小結尾だけはトゥッティになります。展開部も独奏チェロと弦楽器による前半とトゥッティによる後半から構成されます。

再現部は再度,独奏チェロと弦楽のみになり、トゥッティによる短いコーダで結ばれます。
全体にスピード感に溢れ、チェロの非常に高度な技巧を味わうことのできる楽章となっています。

2 おススメCD

ジャクリーヌ・デュ・プレ(チェロ) ダニエル・バレンボイム指揮 イギリス室内管弦楽団(東芝EMI)

ハイドン チェロ協奏曲1

当時わずか22歳のデュ・プレが、古典派の名作であるハイドンの協奏曲を、自由奔放に、自在に弾いている演奏を聴くと、ハイドンの曲に生命が吹き込まれたような感じがします。

彼女の演奏は力強く、それでいて統制がとれています。
素晴らしい演奏です。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました♪
記事更新の励みになりますのでよろしければポチッとお願いします♡

↓↓↓

にほんブログ村 クラシックブログへ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする