メルヘンの世界へようこそ!モーツァルト「魔笛」序曲の感想を紹介します

「魔笛」は、モーツァルトが1791年に作曲した、生涯の最後に完成させたオペラです。
台本は興業主・俳優・歌手のエマヌエル・シカネーダーによるもので、現在もモーツァルトのオペラの中で有数の人気を誇ります。

スポンサーリンク

1 作曲の経緯

「魔笛」台本を作成したシカネーダーは、当時ヨーロッパ各地を巡業していた旅一座のオーナーで、モーツァルトとはザルツブルク時代の知り合いでした。

そんなシカネーダーが、自身の興行する劇の音楽として、当時仕事がなく生活に困っていたモーツァルトに大作を依頼しました。

それがこの「魔笛」であり、初演は1791年9月に行なわれ、大好評を博しました。

なお、モーツァルトのオペラには、イタリア語で歌われるものとドイツ語で歌われるものの2種類があります。前者は、「オペラ・ブッファ」または「オペラ・セリア」と呼ばれ、一方、後者は「ジング・シュピール」という「歌芝居」の系列に属します。

この「魔笛」は,後者の代表作です。

モーツァルトの伝記的な内容を描いた映画「アマデウス」にもこの映画の場面が出てきますが、シカネーダーの好みで、蛇が出たりライオンが出たり,空中から人物が登場したりと演出のしがいのある作品となっていて、モーツアルトの音楽と見世物的な雰囲気のミスマッチもこのオペラの魅力の一つかもしれません♡

2 劇のあらすじ

「山の中で、タミーノ王子が大蛇に襲われているところを助けた三人の女性は、夜の女王に仕える侍女でした。タミーノ王子は、夜の女王の娘パミーナ姫が、邪悪な魔法使いザラストロに捕らえられていることを知り、さっそく取り戻しに出掛けることになります。

三人の侍女は、タミーノ王子に魔法の笛を与え、彼のお供をする鳥刺しのパパゲーノには、魔法の鈴を与えて送り出す。ザラストロの神殿に到着したタミーノ王子は、ザラストロは、邪悪な魔法使いではなく、実は、高僧であることを知ります。

彼は、パミーナ姫と結ばれるために、ザラストロの試練を受けることを決意する。
パミーナ姫は、愛するタミーノ王子が、口をきいてくれないことを嘆き自殺をはかりますが、三人の童子に彼の変わらぬ愛を告げられ、共に火と水の試練に挑むことになります。

一方、恋に憧れるパパゲーノは魔法の鈴のおかげで難を逃れ、パパゲーナと言う可愛い恋人を得ることができます。ザラストロへの復讐に燃える夜の女王は、三人の侍女を従え、ザラストロの宮殿に乗り込もうとするが、電鳴と共に地獄に落ち、世界は平和で満たされます。

途中、善玉と悪玉が入れ替わるところがちょっとわかりにくいとされますが、サスペンスドラマなどではよくあるストーリーですよね♪

3 序曲の構成

「魔笛」の序曲では、オペラの中に出てくる音が象徴的に使われています。
なお、序曲は、緩やかな序奏と急速な主部から成っています。

冒頭に出てくる,休符をはさんで5回鳴る壮麗な和音は、当時モーツァルトが加入していた宗教団体である「フリーメーソン」と関係していると言われています。

この和音は,第2幕の儀式の場でも出てきます。
アレグロの主部は,第2ヴァイオリンによる第1主題で始まります。

この主題は,フガートのように追いかけっこをして展開してきます。
第1幕最初の追いかけっこのシーンのイメージにつながって行きます。
このせわしない音の動きはずっと続きます。第2主題の方は,フルートとオーボエで対話を交わすようなものです。

一度、終始すると、冒頭のフリーメーソンの和音が再度出てきます。
今度は「タター、ター」という和音が3回繰り返されます。
この3という数字にも宗教的な意味があるようです。

再びアレグロの主部に戻り上記の2つの主題が展開されます。オーケストラの総奏で再現部となります。

最後は,金管の音が印象的な華やかなコーダとなって序曲が終わります。

5 おススメCD

カール・ベーム指揮 ベルリン・フィル (ドイツ・グラモフォン)

モーツァルト 魔笛

このCDは、古くから「魔笛」の名盤としてよく知られているCDですが、ロールちゃんの聴くところ、ちょっと夜の女王の歌が苦しそうに聴こえるところが気になります・・・
それでも、序曲はさすがのベーム。

質実剛健でどっしりとしつつも、メルヘンチックで楽しい演奏を聴かせてくれるのです♡

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました♪
記事更新の励みになりますのでよろしければポチッとお願いします♡

↓↓↓

にほんブログ村 クラシックブログへ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする