のだめカンタービレにも登場した名曲「1812年」を解説します♪

この「1812年」は、チャイコフスキーが1880年に作曲した演奏会用序曲です。
タイトルの「1812年」は、ナポレオンのロシア遠征が行われた年のことです。

この戦役では、ロシアはナポレオン軍に首都モスクワを制圧されながらも、最終的には冬将軍の厳しい寒さにもつけられて「無敵ナポレオン」を打ち破ります。
まさに、歴史に刻み込むべき「偉大なる祖国防衛のための戦い」でした。

この作品は、その戦いをなぞった音楽になっています。

チャイコフスキー自身は、精魂を込めて書き上げた作品とは受け止めてはいなかったようですが、歴史的事件を通俗的に描くという内容のわかりやすさによって、人々に大いに喜ばれる作品となっています。

ところでこの「1812年」は、映画「のだめカンタービレ」の中でとりあげられた人気曲でもありますよね。

映画「のだめカンタービレ最終楽章 前編」で、千秋がルー・マルレ・オーケストラの常任指揮者として正式に就任後、最初の定期演奏会で演奏されました。

この曲、外面的で深みのない曲という人もいますが、静かな旋律は美しいし、最後の盛り上がりでは興奮し、スカッとする点では、これ以上の曲はないような気がします♪

ちなみに、「のだめ」では、ダメダメオーケストラだったルー・マルレが千秋の特訓とメンバーの努力で変化する過程を描いているだけに、この「1812年」はなおさら感動的に聴こえました。

スポンサーリンク

1 曲の構成

典型的な描写音楽であり、ロシア農村の描写や民兵軍とナポレオン軍の戦いの描写が生き生きと描かれています。「白鳥の湖」や「くるみ割り人形」などのバレエ音楽でもわかるようにチャイコフスキーの描写音楽は天才的ですね。

・第1部:ラルゴ

まず冒頭はロシア正教会の聖歌が厳かにチェロとヴィオラで奏でられます。ロシアののどかな村にこだまする平和への祈り。ヴィオラとチェロのソロが奏でる正教会の聖歌「神よ汝の民を救い」にもとづく静かな序奏で始まります。この後のハチャメチャが想像できないような美しい出始めです。

・第2部:アンダンテ

打楽器の活躍がロシア軍の行進を暗示し、音楽は次第に盛り上がっていきます。

・第3部:アレグロ・ジョスト

「ボロジノの戦い」と説明されることもあります。フランス国歌「ラ・マルセイエーズ」の旋律を響き渡り、ナポレオン群の進撃が始まります。

最初の大砲もこの部分で5回「発射」され、闘いが熾烈を極めているさまが描かれます。

・第4部:ラルゴ

冒頭の主題と同一の旋律ですが、今度は管楽器で堂々と演奏されロシア軍の反撃が始まります。

・第5部:アレグロ・ヴィヴァーチェ

ラルゴからアレグロにテンポアップして、ロシア国歌も登場し、華々しく曲を閉じます。ロシア帝国国歌が壮大に演奏されます。さらに鐘は鳴り響き、大砲もとどろく中でナポレオン軍は撃退されロシア軍の大勝利で音楽は終わります。

2 おススメCD

ズービン・メータ指揮 ロスアンゼルス交響楽団 (DECCA)

チャイコフスキー 1812年

すごい迫力です。
特に導入部の低弦の唸りとコーダの金管の咆哮は、他の盤を圧倒している気がします。

大砲・鐘も本物の音を使い、臨場感もピカイチです!盛り上がるには絶対お勧めの一枚といえます♪

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました♪
記事更新の励みになりますのでよろしければポチッとお願いします♡

↓↓↓

にほんブログ村 クラシックブログへ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする